住宅ローンの返済方法のなかで、まず危険な返済方法として考えられるのは、頭金をゼロとした返済方法です。
頭金なしという条件では、通常は金融機関のほうが敬遠しがちですが、それでも返済額を多くしていけば組めないことはありません。
しかし、その一方でリスクの大きいものといえます。普通ならば住宅購入費用の1割程度は用意しておいたほうがいいとされています。
頭金なしで契約すると、貯蓄に回すお金は大きく制限され、あるいはなくなってしまうでしょう。
その結果、住宅ローンを完済するまでは、もし何かがあって大きなお金が必要になったときはかなり苦労してしまうのです。最悪、住宅ローン自体を支払っていくことも難しくなり、せっかく手に入れたマイホームを手離すことになることさえ考えられます。
子どもにかける教育費用は将来的には増えていくことになり、親の介護費用なども頭に入れておく必要があることから、マイホームを早く手に入れたいために頭金をゼロにして、返済金を増やしていくという方法は、敬遠したほうがいい方法なのです。
また、会社員の人などに多いのがボーナスを当てにした返済です。じつは、ボーナスに頼ることは、ローンの延滞などの原因にもなっています。いざとなればボーナスで支払えばいいという考えが延滞をもたらすのです。
ボーナスは、会社の業績や個人の成績などに左右されるものであることを考えれば、金利の変化同様に不確定要素が高いものです。
もし、ボーナス払いに頼らなければローンが組めないのであれば、その住宅ローンは諦めたほうがいいかもしれないのです。