住宅ローンは返済期間の長い借金ということになるので、金利にまつわることついては、とくに注意しておく必要があります。
住宅ローンは、多くの場合、契約のときの金利ではなく、実際に入居するときの金利が適用されるので注意が必要です。チェックするのを怠らないようにしましょう。
また、住宅ローンについての広告内容で、頭金ゼロ、あるいは賃貸マンションと変わらない返済額といった文句が目を引くことがあります。
これらは、変動金利や短期の固定金利選択型の住宅ローンについてのプランを紹介してある場合がほとんどなので、こういったことにも注意しなければなりません。
もし、その場合の返済例が紹介されていても、それはあくまでも現時点での金利が続くと設定してのシミュレーションでしかないのです。
そのまま、変動金利、短期の固定金利選択型で長期の住宅ローンを契約すれば、金利上昇のリスクが生じることが心配されるのです。
とくに最近では、30歳代でマイホームを購入して、自分の返済能力ぎりぎりの返済額で住宅ローンを組む若い人が多いようなので、この金利の上昇についてのリスクには要注意といえます。
返済能力ぎりぎりでローンを組んでしまうと、金利が上昇すると家計に破綻をきたして、返済ができなくなる可能性があります。
もし、若いうちにマイホームを手にしておきたいというならば、金利が有利に設定されている条件の良い住宅ローンを探す必要があります。ただし、条件の良い住宅ローンというのは、審査が厳しくなります。
まず、自分の現在や将来の経済状況を正しく分析して、どのような住宅ローンならば有効に利用できるかを知ることからはじめなければなりません。