住宅ローンを組んで返済方法を考えるとき、将来的にリスクとなってしまうものにローンの金利にどのようなタイプを選択するかということがあります。
将来的に金利が上昇しても、長期固定金利型で借りていると問題はないのですが、短期固定金利型を選んでいる場合は、途中で金利が見直されてしまうため、返済額が大きくアップしてしまう可能性があります。
最初にこのことを頭に入れて返済方法を選ばなければなりません。
また、数年後の自分の収入や支出の状況を具体的に頭に浮かべられるようにしている必要もあるでしょう。
ローン契約をする時に、短期固定金利型を選んだならば、金利見直しの時点で長期固定金利型に乗り換えるという方法もとることができます。
短期固定金利型よりも長期固定金利型のほうが金利が高くて返済額が増えるのは覚悟しておく必要があります。ただ、リスク的には少ないといえるでしょう。
また、返済途中でしっかりと繰上げ返済をしておくというのも、金利アップに対する良い対応策といえます。
というのも、繰上げ返済で利息の計算のもととなる元金を減らしておけば、利息そのものの増額は気にならない程度になるからです。
繰上げ返済には、もう一つ、返済する金額を増やすことで返済期間を短縮するという方法もあります。返済の金額よりも期間を優先して対応するということです。
住宅ローンの返済では、こうした金利による対応策も考えておかないと、いずれ住宅ローンが払えなくなってしまう可能性があります。
金利は世の中の経済動向と密接な関係にあります。住宅ローンという長丁場のローンを利用するときは、世の中の動きや金利についての勉強も欠かせないのです。