住宅ローンを利用するときは、自分のほうで用意できる自己資金についてきちんと把握しておくことが重要になってきます。借金だけに頼って家を手に入れるということ自体、無理な考えでもあるのです。
そこで、どれくらい自己資金があれば、どれほどの住宅が手に入るかというのが、大変重要なポイントとなってきます。
最初に考えなければならないのは、住宅そのものに関わる費用とその他にかかる費用です。
住宅そのものの建築費用や土地の購入費用については、必ず考えなければならないことからいろいろな情報を手に入れて検討していくことになるでしょう。
しかし、いくら自分のほしい住宅のイメージが膨らんでいっても、現実に用意できる資金に見合ったものでないと、その夢を叶えるのは困難になります。
住宅ローンを利用するときは、一般的には、住宅購入価格の2割程度の頭金と購入価格の0.5~1割程度の諸費用が自己資金として用意されなければならないとされています。つまり、購入価格のおよそ3割が自己資金としてなければ購入は難しいということです。
それに、予備の資金といったものも考えなくてはなりません。貯金を一部残しておいて、万が一に備えておくことも大切なのです。
自己資金については、本人の預貯金といったものが中心になることは間違いないことでしょう。また、ほかに資金に換えることができるものがあれば、確認しておきましょう。
自己資金が不足していると、住宅の購入が難しいのは事実ですが、この自己資金が不足していると思えば、対策を練ることもできます。
まず、親からの資金援助です。しかし、これも贈与税や相続税なども確認して利用する必要があります。