引越を安くするため他社の料金を引き合いに出す

引越を安くするために価格交渉をするということも、大事な要素になってきます。ただ引越の値段を安くしたいだけなら、引越料金の一番安い引越業者を探しだして選び、その業者に依頼すれば良いだけのことです。しかし引越業者は数も多く、そのサービスも多彩で、業者によって魅力は様々です。値段だけで業者の価値を推し量れないのが現状です。自分たちのニーズに合ったサービスや魅力的なサービスを持つ引越業者を選ぶのも賢い選択です。ですがサービスで選んだ場合、どうしても料金は高くついてしまいます。そんな時に便利なのが価格交渉なのです。
この価格交渉は人対人の直接会話によって執り行われます。ただし、値段交渉を行ったところで、ただ単に「安くしてくれ」と言うだけでは「ハイ、わかりました」と首を縦に振ってくれる見込みはゼロに近いです。交渉を成功させるにはそれなりの交渉術が必要であり、それを活かすには武器を持っている必要があります。では、どのような要素がその武器になりえるのでしょうか。
そのひとつが他社の引越料金です。やはり引越業者側も契約を一件でも取りたいと思っているはずです。顧客を他社に取られてしまうなら、料金を下げてでも顧客を勝ち取りたいと思っている引越業者も少なくありません。そういった業者にこそ他社の料金は有効ですし、依頼者としても値段の高い安いはわかるので、専門知識を勉強することなく価格交渉に持ち込めます。
ひとつ注意としては、料金が安いところはサービスに魅力がない確率が高いです。良いサービスを持つ引越業者の料金を一番安い料金と同額にすることは難しいです。しかし、交渉の仕方によってはそれに近い値段に近づけることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ