夫の転勤で現在の会社を退職せざるを得なくなった

夫の転勤で現在の会社を退職せざるを得なくなった場合、失業手当てはどのようになるのでしょうか。

失業保険というのは、退職理由によって、すぐにもらえるケースと三ヶ月の待機期間が設けられるケースがあります。

通常、自己都合で退職する場合は、給付制限があり三ヶ月の待機期間がありますが、会社都合ややむをえない理由の場合は給付制限がありません。

夫の転勤でについていくために、今の会社への通勤が困難になった場合は「やむをえない理由」と判断され、給付制限がなく、すぐに手当てをもらえる場合がほとんどです。

共働きをしていた場合は、新しい土地でも仕事をされる方がほとんどですので、失業手当をもらっている間に就職活動をして、職を確保していくことになります。ただ、土地勘がないとどうしても就職活動も思うようにすすみませんので、事前に転勤がわかっているようであれば、早めに準備を始めていくことが大切です。

逆に、働かなくても金銭的に余裕がある場合は、引っ越しをしてから地元の環境や評判などを理解しながら、じっくりと仕事を探していくというのもありだと思います。

夫の転勤が決まって、別の土地へ引っ越しをしなくてはいけなくなった場合、仕事を持っている方は退職するかどうか判断しなくてはいけません。今の仕事を退職しない場合は単身赴任となりますし、退職する場合は新たに仕事を探さなくてはいけません。

見知らぬ土地で仕事を見つけるのは大変ですので、すぐに働かなくてはいけない場合は早めに動くようにしましょう。すぐに働かなくても大丈夫な場合は、ある程度新しい土地に慣れてから地元の評判なども参考にしながら職探しを行うのがオススメです。

また、退職した場合は失業手当の手続きもしておきましょう。失業手当は退職理由によって、3ヶ月の待機期間がある場合とすぐにもらえる場合に分けられるのですが、夫の転勤での退職は、すぐにもらえる場合がほとんどです。自己都合の退職の場合は待機期間が設けられるのですが、夫の転勤についていく場合は、仕方がない退職理由と判断され待機期間はないことが多いです。通常は3ヶ月間も給付されないわけですから、すぐに給付されるのはありがたいですし、じっくりと就職活動に時間をさくことが可能になります。

就学援助は母子家庭だけの制度ではない。
就学援助という制度を知ったのは、長男が幼稚園児の時でした。 ある一定の所得以下や生活に困っている特別な理由があれば、就学援助が受けられる制度。 調べてみると、当時通園していた幼稚園では園納金の金額が免... 記事の続きはこちら
看護師として働く
看護師として就職先を探す場合にまず考えなければならないことが、『自分はどんな働き方をしたいのか』です。看護師として働く場合、いろいろな就職先があります。そして就職先によって勤務スタイルも給与も違い、... 記事の続きはこちら

このページの先頭へ